胎教は必要か?

「胎教」。
よく言われる言葉です。

妊娠中にモーツァルトを聴かせるといいとか
お腹の子どもに話しかけるといいとか
よく言われますが

その根底には
「お母さんになる自覚を促す」という意味合いがあると思います。

特にモーツァルトでなくても、お母さんがリラックスできる音楽なら何でもいいと思います。
もちろん今までクラシックには詳しくなくてこの機会にモーツァルトを聴いたら魅了されたということもありますからクラシックでも全然かまわないんですよ。

お腹の赤ちゃんに話しかけるのも生まれてからの練習と思ってやってみるといいと思います。
なにしろ現代は核家族の時代。
仕事をしていたお母さんも臨月近くになると退職・休職します。
昼間はお腹の赤ちゃんと二人きり…
赤ちゃんを話し相手にしてもいいと思いますよ♪

さてここでオススメしたいのがサプリです。
半世紀くらい前までは妊婦さんには「二人分食べなさい」と、とにかく食べさせていました。
それはまだ栄養学が一般に広まっていなくて事実食糧事情もよくない時代だったからというのもあります。
今は栄養バランスが大事、過剰なカロリー摂取は妊娠中毒症の原因にもなります。

いくら栄養バランスが大事といってもまんべんなく摂るのはなかなか難しいものです。
そこでサプリメントを併用するのです。

筆者の経験上ですが、カルシウムはやはり大事だと思います。
歯や骨の元になるといわれるカルシウムですが、実は胎児の脳を安定させるのにも使われる栄養です。

実際、筆者は長男の妊娠中に牡蠣由来のカルシウムを摂っていましたが、結果、赤ちゃんの夜泣きがほとんどありませんでした。
友人たちが赤ちゃんの夜泣きに悩んでいる話を聞いてもこちらは全然そんなことがなかったので、いろいろ調べてみたらカルシウムが効果があったということがわかりました。
これは本当に助かりました。親孝行なよい子です(笑)

ですから妊娠中のカルシウム摂取はオススメです。
ただし、何事もやりすぎ・とりすぎは禁物ですのでお気をつけて。