子どもの話を聞こう

そしてお子さんが幼稚園・保育園に入ったころから…

このころになるとお子さんはひとりで絵本が読めるようになっています。自分でどんどん読んでいきますがそれでもお母さんが読み聞かせをしてあげるのは大事です。
せがまれたら読んであげるようにしましょう♪
さてここで大事なのは
「子どもの話をちゃんと聴く」ということです。
「聴く」という漢字は「耳を傾けて聞く」という意味なんだそうです。

子どもは幼稚園や学校であったこと、友達のこと、いろんなことをお母さんに話してきます。

そんなときに「あとでね」と言ってはダメです。
どんなに忙しくて両手がふさがっていても耳は空いてるんですから、何かしてるときでも話だけは聴いてあげてください。

そのときにお母さんの意見を言ってはダメです。
…ダメダメばかりで申し訳ありませんが…

子「きょう、けんちゃんとケンカしたんだよ」
母「そうなんだ。ケンカしたんだ」
子「だってけんちゃんがぼくのことバカって言ったんだ」
母「バカって言われたの?いやだねぇ」
子「だからぼくもバカって言ったんだ」
母「えー。○○ちゃんもバカって言ったの?」
子「だってくやしくて…」
母「そうだよね、くやしいよね」
子「でもバカって言ってぼくもいやだった」
母「バカって言うほうも言われるほうもいやだよね」
子「けんちゃん許してくれるかな」
母「どうかなあ。」
子「あした謝ってみようかな。。」

この会話でお母さんは「ケンカなんかダメよ」とか「けんちゃんてひどいわね」なんて一言も言ってません。
子どもの状況をリピートして、共感してあげてるだけ。
子どもが自分で解決策を見つけてるんです。

この「リピートと共感」、台所しながらでもできますよね。
これが「忙しいからあとでね」なんて言ったら
「うちのママは話きいてくれない」と思われてしまうんです。
思春期になると「うちの親に何を話しても無駄」になります。

筆者も長男にはこのように接していました。
いつだったか台所してるわたしの横で散々愚痴ったあげく
「ああスッキリした。お母さん忙しいのに話きいてくれてありがとう」と言ってくれたのです。
子どもは親が忙しいのはわかってるんです。
でも話したい。
そんな気持ちを汲んであげましょう♪

この長男ですが中学生のときにお友達とこんな話をしたそうです。
「うちの親は自分の話を何でも聞いてくれる」と。
するとお友達は
「いいなあ。うちの親は全然話聞いてくれないよ」と言ったんだそうです。

その話をしてくれたときの息子の顔は、とても自慢げでした。。