以前某製薬会社で商品説明をしていました

以前某製薬会社の電話窓口に勤めていて、サプリメントや医薬品に対するお客様からのご質問にお答えしていました。夜間頻尿サプリはその会社の商品のラインナップにもありましたので、中高年の男性のお客様からご質問を受ける機会が多かったです。ちなみに私自身は残念ながら?夜間頻尿サプリを利用した経験はありません。こういうサプリメントについては、本当に効果があるのか、とか、飲んでみたがあまり効果が感じられないとのご意見が多く、あくまでも食品なので即効性があるものではないし、また個人差もあるので、飲み続けることによってゆるやかに改善される場合があると説明させていただくことが多いです。しかし、夜間頻尿サプリについては、比較的効果が感じられるという声が多かったように思います。
夜のトイレが減るサプリメントというと、ノコギリヤシを主成分にしたものが多いのではないでしょうか。私が勤めていた会社でも、ノコギリヤシのサプリメントを発売していました。ノコギリヤシは国によっては(確かドイツでは…と聞いたような気がします)前立腺肥大症の治療薬として使われているそうです。ノコギリヤシに含まれている有用成分β-シトステロールが前立腺肥大に効果があるとされているようです。夜間頻尿サプリも発売する会社によって成分は色々で、ノコギリヤシ以外の成分にについても各社で色々工夫しているようです。たとえば「水利通快源」という、中国で古来から使用されている植物成分7種類を組み合わせて使っている会社もありました。いくつか試してみて、自分に合うものを見つけるのも良いのではないでしょうか。

試したい!!

爪水虫に効果ある治療薬はここから
ずっと不思議だった、右足薬指の爪。何だかこの爪だけ、黒い?変な色?けどまあいいか、マニキュア塗れば隠れるし。と思い、ずっと見てみぬフリをし続けてきました。そうこうしている内に、どんどん黒く、変な形になっていく。少し心配し出した頃に、「爪水虫」というものがある事を知りました。間違いなく自分の爪の事だ!!と確信し、薬について調べてみました。飲み薬で治るとの事。飲み薬。そこに引っかかりました。それもその当時、「爪水虫」について知ったのが、正に妊娠中だったのです。「飲み薬なら妊娠、授乳中はまずいんじゃないのかな。」と思い、そのまま通院するのは保留にしてしまいました。今思えば、かかっている産婦人科で相談でも良かったのかなと思いますが。現在もまだ治療出来てないので、早く試してみたいです。
上記にも書きましたが、私は飲み薬の確実に爪水虫を治す薬を、自身の妊娠と授乳のために諦めました。なので、私の様な服用出来ない人向けの、塗り薬でも完治が可能なものだったりがあればいいのに、とよく思います。聞いた話では、今や10人に1人が爪水虫になっている?!との事ですし、私以外にも妊婦で同じ悩みを持っている方はいらっしゃると思います。確かに、爪が薬をはじいてしまう、とか奥の方にいる菌に薬が届かない、というのはあるかもしれませんが。子供や家族が出来てしまったら、周りに移してしまうんじゃないかって心配でもありますしね。私は、気付いたのが遅かった、というのもありましたが、気付いた時点ですぐにでも治療を始めたかったのが本音です。早く新しい薬ができればなあと思います。

赤ちゃんへのプレゼントは年々増加している?

私が子どもを生んでから気がついたことは、赤ちゃんへのプレゼントは一度に一つだけ買えばいいわけではないということです。というのも近年の流行として、昔のように節目節目を家族親戚で迎えるといったスタイルからママ友同士、同じ年齢の赤ちゃんとパーティーを開くことが多くなっているんですね。当然、主役の人数分でプレゼントの用意が必要となります。私自身、多いときでは一度に10個ほど用意することもありました。もっと用意されたことがある方も多くいらっしゃると思います。最初のころはみんな気合を入れて大きなおもちゃなどを贈りあったのですが、場所もとりますし、何より持ち帰りが大変。数回パーティーを開いた後は、今流行のリシュマムのリュックのプレゼントに落ち着きました。親は準備に後片付けにと大変でしたが、こうした経験があるからか子どもも人を祝うということが大好きになってくれています。
赤ちゃんへのプレゼントを贈る側になったときに気に留めておきたいのが、あくまで受け取り手は相手のお母さんであるということです。自分自身が子育てをしているときに役に立ったものを贈ったが、受け手のお母さんの好みに合わなかったといったことがよく起こるようです。このような場合、気心知れた兄弟や親友なら問題ないのですが、ママサークル等で知り合ったママ友となると自分の印象を悪くしてしまう結果になりかねません。これを避けるために普段から相手の好みに気を配ることも大切ですが、子育て中はなかなかそこまで気が回らないもの。そこで普段から子育てグッズの流行や昔からのロングセラー商品などにアンテナを張っておくといざというとき便利ですよ。

洗剤で洗って体への影響は?

野菜用洗剤の存在を知ったのは、学生時代に飲食店で働いた時です。業務用の食器用洗剤の使用用途に食器と並んで野菜も含まれていました。驚いて、社員の方に聞いたら、「そんなの驚くことないよ。日本の野菜は農薬まみれの時代もあったんだから。それを落とすために必要だったんだよ。」それから、家庭用の食器用洗剤などを注意深く見ていくと、確かに用途の欄に野菜が含まれているのが多いのに気が付きました。色々調べると、主に高度経済成長時代の頃などで農産物の大量生産が可能になったことで、それに合わせて農薬も大量に使われるようになったそうです。葉っぱが真っ白になるまで農薬をかけていた時代。しかし徐々に残留農薬の危険性も世に知れ渡るようになり、その農薬を洗い流すために残留農薬洗浄洗剤を兼ねた食器用洗剤が世の中に普及していったそうです。しかし私はそもそも食物を化学洗剤で洗った物を食して大丈夫なのかと震えたのを思い出します。
確かに野菜を洗うための洗剤が発売されたと聞いてぞっとする人は多いと思います。りんごやブドウ、さくらんぼなどの皮も食べられる果物類。キャベツやレタス、ほうれん草などの葉物野菜。それらを消費者が安定的に食べられるのは、生産者のおかげである。しかし農産物を安定的に生産するには害虫や病気から農作物を守らなければならない。そのためには農薬も必要不可欠だと思う。そして農薬は国が定めた法律のもとでしっかりと管理されながら生産者は使用していると思う。残留農薬に関しても少なくともスーパーの店頭に並ぶような農作物はきちんと検査されているので安心できると私は思っている。よって今現在の世の中で野菜用洗剤が必要な場面はほとんどないと私は思っている。

赤ちゃんにも食べれて、悪玉コレステロール値も下がります。

私は、病院で検査をしてもらったところ、甲状腺の値が上がり、悪玉コレステロールがとても上がりました。毎月毎月、大病院での2時間待ちの検査の時間が嫌で仕方ありませんでした。だから、正常値にして、健康になりたいのもあるし、検査の期間を長くしようと考えました。何か悪玉コレステロールを正常値にさせる方法はないかと、インターネットで検索をしたところ、DHAサプリメントを飲めばいいとたどり着きました。せっかく飲むのであれば、身体に害のなさそうな水銀の入ってない赤ちゃんのDHAサプリメントを飲もうと思い購入しました。今では、甲状腺も正常値になり、病院の行く期間も半年に1回と長くなり、時間もお財布にも優しくて大変満足しています。
インターネットでおばあちゃんがDHAサプリメントを飲んでいると書いてありました。赤ちゃんのも飲めるものだから安心して飲める。ボケ防止にいいと言っていました。私は今妊娠をしていて、赤ちゃんの頭が良くなりそうなので飲んでいます。ただ、私は錠剤が大きくて飲むのが苦手で、喉にかかりそうになり、たまにしか飲んでいません。60歳の母もDHAサプリメントを買っているのですが、喉にかかりそうになり、飲めていないといいます。錠剤を飲むのが苦手な人は多く、噛めば摂取出来る味も美味しいタブレットタイプのDHAサプリメントがあれば欲しいです。飲みやすく毎日飲めるのでその分、消費するので、売上も上がると思います。インターネットだけで取り扱うのではなく、気軽に薬局で買えるようなサプリメントが欲しいです。

この世には天才がいる

身長を伸ばすサプリメントランキング@中学生~OK!

私が身長を伸ばすサプリメントを知ったのは中学生の時です。その当時私の身長(中1当時)132cmしかなく学年1小さくいつも身長に悩んでいました。なんとか自分なりに身長を伸ばすために毎日牛乳をたくさん飲んだり、足に重りをつけてぶらさがったりしていました。しかし一向に身長が伸びませんでした。その時某雑誌に載っていた身長を伸ばすサプリメントを飲んだところ中2の時には140cm台に突入しました。中学を卒業する時には150cmを超えました。それでも周りと比べるとまだまだ小さかったので高校生になってまた飲んでみました。その結果高校入学時150cmだった身長が168cmまで伸ばすことができました。欲をいえばもっと欲しい気持ちもありますが、昔を思うとよかったと思っています。

身長を伸ばすサプリメントは身長に悩んでいるならば、試しに飲んでみるべきだと思っています。効果があるにしても、ないにしても、私からするとメリットしかありません。身長が伸びなくても今と変わらないわけですし、身長が伸びればありがたいですし。メリットしかありません。ただ、お金はかかってしまいますのでそれが問題だと思う人がいるかもしれませんが、私からすると身長がお金で解決できるのであればすぐにお金で解決すべきです。後々になって身長を伸ばしたいと思っても手遅れになっていることもありますし、手術をするとなれば数十万円もかかってしまいます。そういったことを思えばサプリメント代くらいは安いと思います。将来の自分への投資とおもって使えば少しは気が楽かもしれません。

まとめ

「かしこく優しい子を育てるために」、いくつかの提案をさせていただきましたが他にもっとあると思います。

スポーツもいいでしょう。
体力が向上するだけでなく、よい意味での競争心、目標に向かって努力することが養われます。
今回は特に「童謡・絵本」について詳しく書かせていただきました。

童謡を聴いたり歌ったり絵本の読み聞かせをすることは一見ただの趣味のように見えます。

「他にもっと役に立つことをすればいいのに」という意見もあることでしょう。

学習教室に行ったり、珠算や英会話や水泳を習ったりしてるお子さんもいらっしゃることと思います。

「ゆっくり絵本を読む時間などない」とお悩みの方もいらっしゃるでしょうが、一日5分でもいいのです。
ぜひ、絵本、童謡を取り入れてください。

本当に頭のいい子というのは、たとえ自分が間違っていたとしても素直にその非を認め、謝ることができ、それを改めることができます。
そしてさらにその人格を高めて、周りから信頼される人間となっていくのです。

スポーツや実用的な習い事に加えて本が好きな子どもになるなんて、まさに文武両道!

中にはどうしても複雑な友達関係から抜け出せない場合もあるかもしれません。
そんなときにも本は友達です。
本を読んでいるときは何にでもなれるのです。
お姫様でも王様でも革命の闘士でも。
想像の翼を広げて自分の時間を作れるはずです。

本好きな子どもは一人の時間を大切にできる力がつきます。

今はゲームでさえも一人で出来ないようになっていますよね。
先日なくなった淡路恵子さんはゲーム好きで有名ですが「ゲームくらい一人でやりたいわ」という言葉を残しています。

誰かとつながってないと不安な今の子どもたち。
ひとりでいることを恐れない強さを育てるためにも童謡・絵本に親しむことはとても大事なことです。

その強さが「かしこく優しい子」であると思います。

大人は手抜きをしないで、いい子に育てていきましょう。

 

兄弟の育て方

少子化、少子化といいますが
ひとりっ子の家庭ってそんなにまだ増えていません。

最初に書いたように少子化は未婚晩婚が一因なので、一家庭の子どもの数はここ30年は2~3人で落ち着いています。

このブログを読んでくださっている方でもきょうだいを育ててる方もいらっしゃることと思います。
そんなあなたに質問です。

きょうだいは平等に育てていますか?

「はい、うちはきょうだいわけ隔てなく育てています」
とおっしゃる方。。

実は、こはれあまりオススメしません。

きょうだいは
「兄姉は兄姉らしく、弟妹は弟妹らしく」
育てるのがかしこく優しい子どもになる秘訣です。

簡単にいうと
「兄(姉)は年上だから弟(妹)はいうことをききなさい、兄(姉)は弟(妹)をかわいがって守ってあげなさい」
ということです。

年長者を立てる。
そして年長者は目下の者の面倒を見る。
これは社会生活の基本です。

ちょっと乱暴な言い方だったかもしれませんが、「長幼の序」を教えるのはまず家庭の兄弟関係が一番わかりやすいのではないでしょうか。

おやつやお小遣いはお兄ちゃん(お姉ちゃん)に多く。
同じような量だったら選択権はお兄ちゃん(お姉ちゃん)に。
だからってお兄ちゃんは威張ってはいけない。
弟や妹には優しく、困ったときには助けてあげる。

中学や高校の部活でありがちなんですが
「家で兄にいじめられてるから俺は後輩をいじめるんだ」「後輩の連中、先輩を何だと思ってるんだ」
こんな声をときどき聞きます。

「長幼の序」の乱れですよね。

筆者もコレを実践しました。
ある日次男に聞いてみました。

「もし、あなたが大きくなってお父さんになってうちと同じように兄弟が生まれたら、ママみたいに兄弟差をつける?」と。
すると「うん」と答えたのです!
てっきり兄と差をつけてるから否定されるかと思っていたんですが…

確かにこうやって育ててよかったと思いました。
ぜひみなさんもやってみてください♪

 

 

子どもの話を聞こう

そしてお子さんが幼稚園・保育園に入ったころから…

このころになるとお子さんはひとりで絵本が読めるようになっています。自分でどんどん読んでいきますがそれでもお母さんが読み聞かせをしてあげるのは大事です。
せがまれたら読んであげるようにしましょう♪
さてここで大事なのは
「子どもの話をちゃんと聴く」ということです。
「聴く」という漢字は「耳を傾けて聞く」という意味なんだそうです。

子どもは幼稚園や学校であったこと、友達のこと、いろんなことをお母さんに話してきます。

そんなときに「あとでね」と言ってはダメです。
どんなに忙しくて両手がふさがっていても耳は空いてるんですから、何かしてるときでも話だけは聴いてあげてください。

そのときにお母さんの意見を言ってはダメです。
…ダメダメばかりで申し訳ありませんが…

子「きょう、けんちゃんとケンカしたんだよ」
母「そうなんだ。ケンカしたんだ」
子「だってけんちゃんがぼくのことバカって言ったんだ」
母「バカって言われたの?いやだねぇ」
子「だからぼくもバカって言ったんだ」
母「えー。○○ちゃんもバカって言ったの?」
子「だってくやしくて…」
母「そうだよね、くやしいよね」
子「でもバカって言ってぼくもいやだった」
母「バカって言うほうも言われるほうもいやだよね」
子「けんちゃん許してくれるかな」
母「どうかなあ。」
子「あした謝ってみようかな。。」

この会話でお母さんは「ケンカなんかダメよ」とか「けんちゃんてひどいわね」なんて一言も言ってません。
子どもの状況をリピートして、共感してあげてるだけ。
子どもが自分で解決策を見つけてるんです。

この「リピートと共感」、台所しながらでもできますよね。
これが「忙しいからあとでね」なんて言ったら
「うちのママは話きいてくれない」と思われてしまうんです。
思春期になると「うちの親に何を話しても無駄」になります。

筆者も長男にはこのように接していました。
いつだったか台所してるわたしの横で散々愚痴ったあげく
「ああスッキリした。お母さん忙しいのに話きいてくれてありがとう」と言ってくれたのです。
子どもは親が忙しいのはわかってるんです。
でも話したい。
そんな気持ちを汲んであげましょう♪

この長男ですが中学生のときにお友達とこんな話をしたそうです。
「うちの親は自分の話を何でも聞いてくれる」と。
するとお友達は
「いいなあ。うちの親は全然話聞いてくれないよ」と言ったんだそうです。

その話をしてくれたときの息子の顔は、とても自慢げでした。。

 

絵本

絵本の選び方として一般的に、奥付を見て、版を重ねていればいるほど長く読み継がれている作品なので目安になるといわれています。

奥付というのは、本の裏表紙に近いページにある、

———————–
  書  名
  著者名

1964年10月10日初版発行
2014年3月30日第50版発行

———————-

と印刷されてるアレです。

絵本は本当にたくさん出ているので、実際に書店や図書館に出向き、手にとって自分の好みに合うものからさがすことをオススメしますが、乳幼児期に限っては、色味がはっきりした絵本がいいと思います。

・プルーナのうさこちゃんシリーズ(福音館書店)
・あかまるちゃんとくろまるちゃん(ひさかたチャイルド)
・くだもの(福音館書店)
など、これらの絵本はまだ視覚が大人みたいに発達していない赤ちゃんの目にちょうどいいです。
言葉も少ないので純粋に絵を見て楽しむ絵本です。
これをお子さんが飽きるまで読んであげるといいですよ♪
さて、ここでひとつお話したいことがあります。
ときどき聴く話なんですが
「どうせ子どもが破ったりするんだから高い絵本はもったいない。幼児向けの雑誌でいいじゃない、どんだけ破られてもいいし」という方がいらっしゃいます。

確かに雑誌には子どものすきなアニメやヒーローが載っていたり、新進気鋭の作家の作品も載っていたりして楽しいものです。またお値段も手ごろなので「いくら破られてもいい」という気持ちもわかります。

ですがこの「破られてもいい」という気持ちのまま大きくなる、これはどうでしょう…

高い絵本を大切に扱いながら読む、破れても修理をしながら大事に使う、こういう姿勢も貴重だと思います。

これは筆者の場合ですが
子どもが絵本を破ったことがありました。
当時まだ一才半くらいだったと思います。
筆者は「あああ、絵本破っちゃったの?絵本さんかわいそう、お直ししてあげようね」と
子どもの目の前でテープで修理しました。
1歳の赤ちゃんでしたがそれ以来本を破ったことがありません。

でも、雑誌も楽しいので、雑誌と絵本と使い分けをしてみるというのもいいかもしれませんね。